スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補薬にされる犬たち

街で見た、補薬にされる犬たち

2007年3月21日に掲載された文です。プサン市を中心に、捨て犬猫の救助と里親探しをやっているサークルの方が書いたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


引越しの際に捨てて言ったらしい白い雑種がいるという知らせが来たので、金海(キムヘ)の町に救助に出かけました。いつもゴミ箱を漁っていて、痩せこけて状態が深刻だと言います。1時間ほど張り込みましたが縁がなかったのか、結局、その犬を見つけることはできませんでした。これはその時のことです。

その町に入ったとたん車を止めるしかありませんでした。

見えるでしょう・・・この家の前に堂々と止まっているトラックです。
10匹余り・・・。
あのコッカーカスパニエル、見えるでしょう・・・私たちを目だけで追っていた子。
シーズー、白い雑種、小さな雑種たち・・・。

い-4 写真4



写真を撮って、しばらく見ていました。
同行したAさんは大泣きしてしまいました。
しばらく待っていたら、その店の男が出てきました。
こんな犬たちも食べるのか?と聞いたら、どこから来たのか反問されました。
(写真を撮っていたからでしょう。)

そして、この犬たちは自分の農場の残り物処理のために飼おうと、2万ウォンずつ払って買って来たと言いました。
自分は闘犬協会の会員で、ああだこうだと、言いながら
自分は犬が大好きだと。
そして、誰がこんな犬を食べるのかと。(※イエロードッグなどの食用向きの犬ではないという意味)、自分は農場で飼うのだと大声を出しました。

犬泥棒が多いのにこんな所まで来たら飼い主が探したくても探せないのではないか、と問い詰めたら、その犬たちは絶対に殺さないと言い張りました。

その店の中にはたくさんの大きい釜があって、そばには犬をと殺する場所がありました。
もの凄い匂いがしていました。

い -4 写真1


いいえ! 私がいぶかしいのはこの町の住民たちです。
隣は全部住宅地なのです。本当に屠殺の臭いが凄いのに、誰も何も言わないのか・・・。
誰でも見ろとばかりに犬たちをトラックに乗せ、展示用みたいに置いても、誰も何も言わないのか・・・・。  
子供たちも多く行き交っています。

本当にこの町の住民たち・・・。

しばらく前述の白い雑種を探すためにそこに居ましたが、
そのトラックは犬を一匹だけ乗せてどこかに行ってしまいました。
他の犬たちは?! 農場に連れて行くと行って言ったのに。
再び店に入ったら店の女が大きい釜を洗っていました。
犬たちはどうなったのか・・・。
犬たちを助けられなかった私たちが情けなくて、本当に何の意欲もでない一日でした。
私はどうすればよかったのか・・・。


※店の名はオンジン補身院。・・・補身という名のつくものは通常、犬が原料になっているものが多い。


い -4 写真2

い -4  写真 3


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。