スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q2 「食用犬」が別にいるのでは?

大きな犬はポシンタン用に、小さな犬は犬焼酎に・・・ 捨て犬や競売場で流出した犬たちが食用に取引されることは、既に何度か言論を通して報道されました。2007年11月にも、KBS“イ・ヨンドンPDの消費者告発”で、「あなたは愛玩犬を食べています」という題目の放送をしたところ、在来市場で大きいのや小さい愛玩犬たちが隠密に取引され、残忍に屠殺されている場面をみて、衝撃を受けたという人たちが大勢いました。

犬肉には食用犬だけ使用するのだと、まるで犬という種の中で殺して食べても良い犬種が別途あるように話すことは、犬肉産業者と一部の擁護者たちが自身の営利と便宜のために、身勝手な発想で仕立て上げた嘘であるだけなのです。

すべての犬は、犬たち特有の属性を全く同じように備えて生まれます。このように同一の犬を、殺して食べれば“食用犬”であり、懐に抱くなら“コンパニオンアニマル”ということです。いくら政府が任意で用途を付与して犬を食用と愛玩用に区分して法適用したとしても、犬という動物が、付与された用途によって苦痛を感じる程度が変わったり、生まれながら持った習性が変わっていくものではありません。

犬たちは犬種によって同じ外見だけ違うだけで基本的な属性はすべて同じですから、食用犬と愛玩犬で区分することは、あたかも皮膚の色によって待遇を異にして弾圧する、人種主義と変わりありません。どんな犬でも犬であれば、犬本然の属性は皆同じです。

2008年から施行された改正動物保護法は“家庭動物”管理に集中していて、そのぶん、保護規定が粗末なものになっています。動物登録制の登録対象動物が“家庭で飼う犬”と決められ(※1)、農場はもちろん、店や会社で飼う犬まで除外されています。ガソリンスタンドや金物屋の隅に繋がれて、物のように放置されたまま生きながら、あるときは“暇つぶしに”虐待を受けたりして(眉間にネジを打たれた事件もある。)、伏日(※2)になるとやっと1mの紐で開放(?)される犬たちは登録義務対象ではありません。これは、犬食用問題を避けようとする政府が突出した知恵(?)を効かせた結論でしょう。コンパニオンアニマルの対象を全ての犬と猫にしなければ、そのどんな設えも実効性を持つことができないものです。即ち、あちこちに散在した状態で、無数に飼われ繁殖される彼らを保護・管理することができないということです。


(※1)2013年からは、家庭で飼われている犬のみならず、飼育下のすべての犬を対象に登録制が施行された。
(※2)伏日・・・ポンナル。一年間の犬肉消費量のうちの、60%が消費されるという夏の3日間。

        


出所:KARA 動物保護ムック<息吹>創刊号




Q19 犬食用を合法化した方が、残忍な虐待を減らすことになるのでは?
http://dogeat.blog3.fc2.com/blog-entry-64.html


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。