スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物虐待の終わりはどこか

動物虐待の終わりはどこか
この者たちの苦痛はいつまで続かなければならないのか
本当にこの者たちを見るたびに
哀れでたまらない。

これ以上こんなものを見たくない、
しかし、この者たちがこんな目に遭わされているのを
このまま見過ごすわけにはいかなくて、ここに載せました。
もう悪態しかでてきません。
お願いだから、もう終わりにしてほしい・・・


写真:AFK

クッキー・社会] 去年の夏、虐待の申告を受けて行った現場は残酷でした。黒と白の犬2匹が金鎖に縛られていて、体をぶらぶらと吊るされていたんです。飼い主は捨て犬を数匹拾って飼っていると言いました。

警察が同行したのにもかかわらず飼い主は、「犬が言うことを聞かないから、縛っておいた。」と、反対にがなりたてました。 

そんなふうに数日間ぶらさげられていたのか、犬たちは全身が痺れたのかのように、軽い痙攣症状が見えました。

飼い主には罰金を要求する事はできますが、虐待防止のための犬の隔離はできません。(※)さらに待ってから、犬たちの生命を保証できないという判断のもと、犬たちをこっそり連れてきて保護所に預けました。 本来なら、窃盗罪に該当するのだけど・・・。

※ 2012年に法改正が行われ、現在は若干、事情がよくなりました。


か -3  写真

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。