スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ以上残忍な屠殺はない

これ以上残忍な屠殺はない

これ以上残忍な屠殺はないと、自慢げに取り出して見せた電気衝撃棒

写真は電気衝撃棒で屠殺した犬です。

一番上の写真の犬、鼻の部分が赤いのは
と殺された後、鼻から血が流れ出た状態だからです。

白い泡が混じったような粘液質で、地面に落ち続けていました。
血が流れる中、犬の死体を反対側に回して横たえておいた状態なのに、
初めに置かれた状態のまま、鼻から流れ出た血が赤く固まっています。

え -1  写真



---------------------------------------------------------------

毛色の黄色い犬一匹がモラン市場の路地の中に引かれて行きます。

首周りの紐が堅く縛られると犬はショックで失禁します。
電気発生装置に繋がれた金属棒が口の中に入れられます。

棒に沿って電気が流れ出し・・・、
この過程は何度も繰り返されます。

犬の体はこちこちに固いのにすぐには死にません。

このように意識のある状態でおびただしい高圧の電気炉

全身の毛が火で焼かれます。
このすべての過程には約1時間が必要です・・・

このような光景が毎日大都市のある場所で繰り返されています

そして犬肉を食べる人たちは
犬がこのような極度の恐怖の中で死ぬ時に
一番多くアドレナリンが分泌され
肉質が軟らかくおいしくなり、
精力がつく肉になると信じています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。